中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理

新年ごちそう研究部   2015年12月4日   中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理 はコメントを受け付けていません。
Pocket

中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理
中国のお正月である春節は、日本のお正月とはひと味もふた味も違う行事です。
ここでは、春節の特徴や過ごし方、料理などをご紹介します。

春節とは

旧正月で中国の伝統的な祝日です。春節が近付くと、年越しのために買い物をして大晦日には家族全員で夕食をとります。
また、めでたい気分を表す絵などを入口に貼ったり、植物で部屋を飾ったりして新年を迎えます。

春節の過ごし方

大晦日

春節前に大掃除するのは中国の伝統的な習慣です。この大掃除には「除陳布新(古いものを片付けて一新する)」という意味があり、全ての不運を一掃するといわれています。そのため、毎年春節が近付くとどの家も掃除をするのです。

また、北京において夕食は家族みんなで餃子を食べる習慣があります。餃子には、幸運を包んでそれを食べて裕福になるという意味が込められています。中国南方の大晦日の夕食では、お鍋と魚を食べます。お鍋は温かく豊かな生活のシンボル、魚は反映のシンボルです。

元日

年が明けると、一番初めに爆竹を鳴らしてその音で旧年を送り、新しい年を迎えます。
ちなみに、この風習は中小都市と農村だけで行われ、主要都市では大気汚染などの原因となっているため爆竹を鳴らすことは禁止されています。

お年玉

年長者は目下の者にお年玉を渡すことが習慣になっており、目下の者は年長者に新年の挨拶をします。

新年の挨拶まわり

挨拶まわりは、春節において重要なことです。旧暦の一月一日に早起きして正装に着替え、親戚や友人の家を訪問し合って新年の挨拶をします。

春節の料理

春巻

中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理
「春餅」とも呼ばれる春巻は、春節に食べる代表的な料理の一つです。なずなを餡として包んで油で揚げます。

魚料理

中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理
大晦日の夕食において、魚も重要な料理の一つで、毎年良い収穫があるという意味が込められています。
また、一度食卓に置いた魚は二度動かしてはいけない決まりがあるとされています。

餃子

中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理
中国で餃子は「水餃子」を指し、焼き餃子は「鍋貼(ゴーティエ)」といいます。大晦日に家族全員で餃子を作ります。
一般的に、大晦日の深夜0時になる前に作り、子の刻に食べられます。餃子を食べることは縁起が良く、富をもたらすという意味が込められているのです。
ちなみに餃子の具材には、なつめ・落花生・硬貨などを包むことがあります。なつめは幸せな日々を送れるように、落花生は長寿のシンボルで、硬貨は金運に恵まれるという意味があります。

正月もち

古くから伝わるもので、もち米を粉にこねて作られます。中国北方の正月もちは、蒸したり揚げたりして調理されて甘く味付けしてあります。
また、中国南方の正月もちは、蒸し物・揚げ物だけでなく炒めてスープにして、甘く味付けすることがあれば、塩辛く味付けすることがあります。

元宵団子

もち米の粉でできた甘い餡の入ったお団子です。これは春節の15日目に食べる定番のメニューで、丸い形状が「円満・団結」を意味し、温かいうちに食べることで風邪を引かないという言い伝えがあります。

春節に多用される食材に込められた意味

春節によく使われる食材があるのですが、日本のおせちと同じようにそれぞれ意味があります。

中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理
毎年、余裕があり豊かな生活になるように

中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理
細長いその形状から、長生きできるように

鶏肉

中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理
鶏と「吉」の発音似ていることから「百事大吉(すべてが吉祥)」

白菜

中国流旧正月の祝い方!春節の過ごし方と料理
「百財」の発音が似ていることから、財を成す

おわりに

春節の過ごし方と春節に食べる代表的な料理をご紹介しました。中国に友人が居る方はぜひとも春節の時期にお邪魔してみてはいかがでしょうか?
また、中国に行けないという方は、横浜中華街に足を運んでみましょう!毎年、中華街ではパレードが行われシンバルや太鼓の音、さらに爆竹を鳴らして龍や獅子が舞い踊る光景が見られますよ。